在宅医療による終末期の注意点は

医療

在宅医療による終末期の注意点はについて

画像
癌性悪液質などで入院先で医師から、これ以上の治療法はないと判断された場合には、自宅に戻り終末期のターミナルケアを受ける事になります。この時の患者の気持ちは、あんなに辛い治療にも耐えたのにもう治る望みは無い、待つのは死のみという絶望感の中にあります。まずは患者の精神的ケアをしてあげる事が大切です。ただし家族の方も急変された時に、頼れる場所も分からず不安な気持ちになります。その為には在宅ではなく終末期ターミナルケアセンターなどを選ぶ事も一つの選択ですが、適切な在宅医をネットから探すことも可能です。(在宅療養支援診療所連絡会という一般社団法人のサイトなどがあります)患者の意思を一番に優先させてあげる事が大切ですが、実際には高齢化などにより病院などでの医療には限界があるのも現実なのです。患者は静かに寝ているだけではなく、激しい痛みや呼吸困難、吐血などの家族では対処の出来ない状態に陥る事が多く在宅医をかかりつけの医師に頼んであったとしても、急を要する場合にすぐに来てもらえる可能性は低い場合もあり、24時間対応とはならないのが現状です。家族が救急車を呼んで病院で看取るケースがほとんどです。死が近くなって来た時のサインを見逃さず落ち着いて看取れるように家族も医療の勉強をしておくことが大切です。

二重まぶた 評判

介護 求人 愛知

医師 求人

家庭教師 東京

安全運転講習

について

画像

医療関連情報ページ

画像

医療系の仕事でも特に人気の高い薬剤師の仕事

医療系の仕事に就きたいと考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。医療系の仕事の中で
画像

すぐに診てもらえる医療現場探しも大事です

風邪をひいてしまった時など、熱もあり早めに病院で診てもらえるようにしたい方もいますが、医療機関が混雑
画像

出産前でも加入できる医療保険が吉

親であれば誰しも、埋めれてくる子供に対してあふれるほどの愛情と見の引き締まるような責任感を感じるもの
画像

医療現場で働く人たちの疲れは計り知れない

医療現場で働く人たちは1人でも多くの人たちの命を救おうと必死に働いているのだと思います。特に救命救急

更新ページ一覧